トップ マルチターミナル モバイルトレーダー メタトレーダー 入金方法 スプレッド 投資信託 ETF取引

ヘッジ取引

ヘッジ取引には、売りヘッジと買いヘッジがあります。保有する株価が下落すると思えば、先物を売り建て、実際の相場が下落した時に、先物を買い戻し利益を得て、一方現物の値下がり分の損失についてはその利益で穴埋めしようとする取引を売りヘッジと言います。

反対に将来株価が上昇すると思う場合には、先物を買い建てし、実際に相場が上昇した時に、先物を転売して利益を得て、現物購入資金に追加させることで、現物の値上がりをカバーしようとする取引を買いヘッジと言います。ヘッジ取引は、先物市場で現物と反対のポジションをとり、現物の価格変動リスクをヘッジする取引です。
 

投資資金

投資資金として貯めた金額に毎月お給料の中から一定額を継続的に投資に回せるお金として使うことができると、投資資金の元本はふくらみます。このように、投資とは投資資金を資産運用で増やしていくだけではなく、常に投資にまわせるお金を確保し、投資金額を必然的に多くしていく方がいいと思います。

しかし、このようなやり方は、自分が今どのくらい投資で儲けているか、損しているかわからなくなるので、常に記録をつけて資産管理をこまめにしなければならないと思います。
プラットフォームの世界標準 Meta Trader 4
sdii32

自動売買のfxについて:単なるオンライン取引を超えて自動取引が始まっているのがFX取引の現況ですが、それを力強く支援してくれる取引プラットフォームがMeta Trader 4です。多くのトレーダーがFX業者選びのチェックポイントにMT4が利用できるかどうかを含めるほど、オンライン取引に無くてはならない存在になっています。

MT4は環境構築の自由度の高さと、自動取引に適用できるストラテジーの多彩さで、他のプラットフォームを圧倒しています。市況情報をリアルタイムで監視しながらチャート上からワンクリックで注文を出したり、睡眠中や仕事中でも自動取引でタイミングを外さずに売り買いを継続したり、生活習慣や好みの売買スタイルに適合させて利用できるのも大きな特長です。豊富な機能を備えているにもかかわらず、インストールから実際の操作までとても使いやすく設計されていますので、オンライン取引の初心者でも十全に活用できます。

大手のFX業者であるXEマーケットは、単にMT4を採用するだけでなく、モバイルを含む多様な環境でMT4と完全な互換性を持つプラットフォームを提供していて、個人個人のオンライン取引環境に適合したプラットフォームを利用できるようになっています。

自分の環境に対応したMeta Trader 4を選べる

FX業者の中ではWindows OSにしか対応していないプラットフォームが珍しくありませんが、XEマーケットはMac OS用のMT4プラットフォームを提供しています。もうMacユーザーであってもBoot CampでOSを切り替える必要はありません。モバイル取引を実行できるようにするために、スマートフォン対応プラットフォームや携帯端末用プラットフォーム、タブレット用プラットフォームまで取り揃え、机の前に縛り付けられていた過去のFX取引のスタイルを一変させようとしています。

しかも、すべてのプラットフォームがMT4の操作性を受け継いでいて、通貨ペアだけでなく金や銀、CFDほか多種多様な商品の取引ができます。出先でも役に立つインストール不要でWebブラウザ上で実行できるプラットフォームもありますので、口座へのアクセスに迷うことはありません。iForexという業者ではMT4ではなく、独自のプラットフォームを提供しているようです。高スワップ通貨が沢山あることで人気があります。また、iForexの両建ても可能です。
Copyrigh Markets-XE.com